standard

シンシナティ統合ステーション

June 27, 2022

シンシナティ統合駅は、オハイオ州シンシナティの西端にある駅舎内にある、運行中の旅客鉄道駅および博物館センターです。駅は1928年から1933年の間に建設され、以前は市内の5つの駅で行われていた7つの独立した鉄道の旅客運行を統合しました。大恐慌とモーター化により、駅を通過する乗客の交通量は設計値に達しませんでした。第二次世界大戦後、列車の数は継続的に減少し、1972年に運動は完全に停止しました。駅の線路施設は部分的に解体され、貨物輸送のために部分的に再プロファイルされました。乗客用コンコース、エプロンプラットフォーム、郵便局、その他の駅舎が取り壊されました。駅の本館は保存されており、1990年から市立博物館として利用されています。アムトラックブランドの唯一の列車である旅客サービスは、1991年に再開されました。

Related Tags ( Объединённый вокзал Цинциннати )

Железнодорожный вокзал - Japanese

здание на железнодорожной станции, предназначенное для обслуживания пассажиров

Ярославль-Главный - Japanese

станция в Ярославле, Россия

Курский вокзал - Japanese

железнодорожный вокзал в Москве

Казань-Пассажирская - Japanese

станция в Казани, Россия

Курск (станция) - Japanese

железнодорожная станция в Курске, Россия

Симферополь (станция) - Japanese

вокзал и железнодорожная станция

Брянск-Орловский - Japanese

железнодорожная станция в Брянске, Россия

Олимпийский парк (вокзал) - Japanese

станция в Краснодарском крае России