standard

ヌリホ

June 24, 2022

ヌリホ(-號, 英語: Nuri, KSLV-II, Korea Space Launch Vehicle-II)は2021年6月に開発され、10月21日に発射に失敗したが翌年2022年6月21日16時(KST)大韓民国ナロー州センターで二次発射に成功した。次の3次発射は2023年前半に行われる予定で、最後の6次発射は2027年まで予定されている。ちなみに、2030年、2031年には次世代発射体を活用して月着陸検証船と月着陸船を順次発射する予定だ。 1.3トンに達する性能検証衛星と衛星模写体を分離して軌道に安着させることで、ヌリホは大韓民国初の低軌道実用衛星発射用ロケットであり、外国の技術支援を受けず、純粋国内技術で自社開発に成功した韓国型発射体(KSLV) -S)となり、今後の重軌道及び静止軌道発射体と大型静止軌道発射体の技術的基盤となる予定である。ナロホ(KSLV-I)の5千億ウォン予算より4倍の2兆ウォンが投入された。 KSLV-II、韓国型発射体としばらく呼ばれ、公式名称がヌリ号に決定された。初の試験発射は2021年10月21日予定より1時間遅れた17時に行われ、17時15分頃搭載していた衛星母写体を分離した。発射体は正常に高度700kmに進入したが、3段エンジンが計画より46秒早く燃焼を終えて衛星母死体を軌道に乗せるには失敗した。

Related Tags ( 누리호 )