standard

スケールジャッジ

November 1, 2021

リヒタースケールまたはSRは、震源地から100 kmの距離で、ウッドアンダーソン地震計によって記録された地震からのマイクロメートル単位で測定された最大振幅の対数として定義されます。たとえば、震源地から100 kmに設置された地震計からの地震記録(地震記象)がある場合、最大振幅は1 mmであり、地震の強さはマグニチュード3.0の対数になります。このスケールは、物理学者のチャールズリヒターによって提案されました。使用される基本的な方程式は次のとおりです。 ここで、Aはウッドアンダーソン地震計の最大エクスカーションです。