standard

西ローマ帝国

June 24, 2022

西ローマ帝国は、独立した独立した帝国裁判所によって管理されていたときはいつでも、ローマ帝国の西部の州で構成されています。特に、この用語は歴史学で286から476までの期間を説明するために使用されます。そこでは、西部と東部の州で帝国の統治を分割する別々の同等の裁判所があり、別々の裁判所で明確な帝国の継承がありました。西ローマ帝国と東ローマ帝国という用語は、事実上独立した政治的実体を表すために現代に造られました。現代のローマ人は、帝国が2つの帝国に分割されたとは考えていませんでしたが、行政上の便宜として2つの帝国裁判所によって統治された単一の政体と見なしていました。西ローマ帝国は476年に崩壊し、ラヴェンナの西ローマ帝国裁判所は554年にユスティニアヌスによって正式に解散されました。東ローマ帝国裁判所は1453年まで存続しました。

Related Tags ( Western Roman Empire )

Honorius (emperor) - Japanese

Roman emperor from 393 to 423

Julius Nepos - Japanese

Roman emperor from 474 to 475/480

Ricimer - Japanese

General & de facto ruler of the Western Roman Empire

Avitus - Japanese

Roman emperor from 455 to 456

Fall of the Western Roman Empire - Japanese

Loss of central political control in the Western Roman Empire in late antiquity

Outline of The History of the Decline and Fall of the Roman Empire - Japanese

Overview of and topical guide to The History of the Decline and Fall of the Roman Empire

Valentinianic dynasty - Japanese

Roman imperial dynasty in Late Antiquity, r. 364–392 and 421–455

Deposition of Romulus Augustus - Japanese

Overthrow of the last Western Roman emperor in 476 CE