standard

レオ1世(皇帝)

June 25, 2022

「トラキア人」としても知られるレオ1世は、457年から474年まで東ローマ皇帝でした。彼は、歴史的なトラキア近郊のダキアアウレリアーナの出身でした。彼は時々、「偉大な」という形容詞で呼ばれます。おそらく、彼を若い孫であり、共同のオーガスタスであるレオ2世と区別するためです。

Related Tags ( Leo I (emperor) )

Marcian - Japanese

Eastern Roman emperor from 450 to 457

Zeno (emperor) - Japanese

Eastern Roman emperor from 474 to 475 and from 476 to 491

Basiliscus - Japanese

Roman emperor in the East from 475 to 476

Leo II (emperor) - Japanese

Eastern Roman emperor in 474

Ariadne (empress) - Japanese

Eastern Roman (Byzantine) Empress from 474 to 515