standard

イングランドのエドワード3世

June 14, 2022

エドワード3世は、加入前はエドワード3世としても知られており、1327年1月から1377年に亡くなるまで、イングランド王とアイルランド卿でした。彼の軍事的成功と、悲惨で非正統的な統治後の王権の回復で有名です。父、エドワード2世。エドワード3世は、イングランド王国をヨーロッパで最も手ごわい軍隊の1つに変えました。彼の50年間の治世は、英国の歴史の中で最も長いものの1つであり、立法と政府、特に英国議会の進化、および黒死病の荒廃に重大な進展が見られました。彼は長男である黒太子エドワードよりも長生きし、王位は孫であるリチャード2世に渡されました。

Related Tags ( Edward III of England )

Edward II of England - Japanese

King of England and Duke of Aquitaine from 1307 until 1327

Richard II of England - Japanese

King of England from 1377 to 1399

Battle of Boroughbridge - Japanese

1322 battle between Edward II of England and rebellious nobles

Edmund of Woodstock, 1st Earl of Kent - Japanese

14th-century English prince and nobleman

John Hastings, 2nd Earl of Pembroke - Japanese

14th-century English nobleman

William Ufford, 2nd Earl of Suffolk - Japanese

14th-century British nobleman

Edward of Angoulême - Japanese

Edward was heir presumptive to the throne of the Kingdom of England between 1365 and 1370.

Parliament of 1327 - Japanese

English parliament